福岡県の桂川町にある熱帯魚店「フィッシュギャラリー」の入荷情報及び、ブリード情報をご紹介しています。
にほんブログ村観賞魚ブログへ 人気ブログランキングへ
↑これらのバナーをクリックしていただけると、各ランキングサイトでこのブログが評価されます。
応援していただけると、店長が喜びます!(≧∇≦)b
それだけなのですができましたらよろしくお願いします(^^)

店のアイテムが増えましたのでご紹介です。
孵化直後に与える活餌、その名も「蘇生ワムシ」です。

蘇生ワムシ

実はコレ、お客さんに教えていただきました。
「蘇生ワムシ置いていませんか?」
「なんですか、それ?」
全っ然、知りませんでした。

曰く、
「休眠させた淡水性ワムシを定着させたシートを飼育水の中に入れると、10分ほどでヒルガタワムシが蘇生を開始します。サイズはアルテミアより小さく約300μmと小型で、蘇生後は活発に動き、孵化したばかりの仔魚が好んで摂取します。シート1枚あたりワムシ約20000匹を定着させています。」

生まれたばかりの稚魚にやる極小餌、しかも活餌を、お手軽に?
マジで!?画期的っ!10分ってなによ。スゲェ。щ(゚ロ゚щ)
真っ先に思ったのは、アピストの稚魚にバッチリ?でした。

すぐさま製造元のデルフィスさんに問い合わせるも、4月に出たばかりのロットは既に完売。
予約しといた再生産分が届いています。

稚魚にどうぞ~。(^^)
1袋14枚入り、1400円です。
店長が面倒臭がりなので、当店は全部税込み価格です。

今、メダカあたりに使えるだろうと、頑張ってミジンコ増産中です。(何故かこういうことは面倒臭く思わないのです)
ミジンコ

ぴょんぴょこ跳ねているのを、つい、じ~っと見ています。
育ててみると可愛くなってきました。
ミジンコ飼育、十分アリだと確信しました。
それでも当店では有無を言わせず、魚のご飯となる運命なのですが。(^▽^;)
軌道にのれば、こちらも販売できるかと思います。

蘇生ワムシは、このミジンコよりもとんでもなく小さい上に、お手軽ですね。∑d(≧▽≦*)OK!!
関連記事

【2016/06/10 18:06】 | 店長さんの雑記帳
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック