福岡県の桂川町にある熱帯魚店「フィッシュギャラリー」の入荷情報及び、ブリード情報をご紹介しています。
にほんブログ村観賞魚ブログへ 人気ブログランキングへ
↑応援クリックしていただけると、各ランキングサイトでこのブログが評価されます。
応援していただけると、店長が喜びます!(≧∇≦)b
それだけなのですが、できましたらよろしくお願いします(^^)
ネオンテトラ 常時 10匹 250円  オトシンクルス 常時 5匹 900円 ミナミヌマエビ 常時10匹 200円 その他はご来店にて、お楽しみください。

黒い発泡鉢にメダカを入れて、店の入り口の所に置いています。

メダカ
メダカ1

白メダカ・ミユキ・ヨウキヒ・オガワブラック・ブチメダカなど、販売しているメダカの展示を兼ねています。
残念ながら水槽飼育よりも外に置いている方がメダカ本来の発色が際立ち、綺麗な姿を見せてくれます。
細菌や微生物レベルでの多様性が、水槽の比ではないのでしょうね。

店でミユキや白メダカをよくお勧めしているのは、この種が水槽でもあまり色抜けしないからという理由もあります。
もちろん鉢に入れても、よく目立つメダカです。

メダカ2
メダカ3

鉢に入れているヨウキヒはより色濃く、オガワブラックはより黒く、ブチは斑がはっきりと。
ミユキも背の光沢が乏しかった弱光を入れていたのですが、あっさり強光クラスになってます。
ナチュラルな環境の水はすごいなぁ。
特に太陽光!自然にはかなわんと思う機会が多いです。

店内水槽のオガワブラックを引っ張り出してみました。↓

オガワブラック

「ブラック」っぽくないですね~。
発砲鉢の一匹を入れてみました。
比べるとこんなに差があります。↓

オガワブラック比較

どれが発砲鉢に入っていた個体なのか丸分かりですね。
でもこれらオガワブラックは、全部同じロットで仕入れたものです。
今では黒く良さげになった個体は、むしろ弱々しかったので外に出していました。
周囲が黒い色彩で色濃くなったということもありますが、水の質の影響も大きいような感じがします。


しかしホントによく短期間で様々な変わりメダカが世に出てきたものですね。
いろんなメダカの混泳は、見ていていいなぁと思います。

メダカ鉢

「普段は混泳で子を取る時に隔離」も、メダカ飼育ではありのような気がします。
見た目いいですよね~。

これがグッピーなど卵胎生の混泳でしたら、商品価値が一気になくなるところです。
一度の交尾で何度も雑種を生んでしまいますので。

これらメダカの場合は混泳させていたとしても、その後系統だてて子を取ることができます。
ミユキだけ別容器に取り出して、そこで産まれた卵からはミユキの子ができます。
混泳状態からの卵でしたら、やっぱり雑種かもしれません。

雑種が悪いわけではありませんけれど、綺麗なのは主にそうなるよう血筋を系統だてているからです。
白メダカと黒メダカが交尾すれば、10割黒メダカが生まれます。
雑種としての黒メダカなのですが、白メダカが産まれて欲しい場合は残念なことですよね。

白メダカ 120円 10匹1000円
ブチメダカ 250円 10匹2000円
ミユキ(弱光) 350円 10匹3000円
ミユキ(強光) 500円 10匹4500円
ミユキフルボディ 2000円
ミユキダルマ 900円
楊貴妃 350円 10匹3000円
楊貴妃光 400円 10匹3500円
楊貴妃透明鱗 500円 10匹4500円
小川ブラック 600円 10匹5500円

鉢にいるのも水槽にいるのも同じですので、どちらからでもお取りします。
関連記事

【2015/06/25 15:24】 | 店長さんの雑記帳
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック