福岡県の桂川町にある熱帯魚店「フィッシュギャラリー」の入荷情報及び、ブリード情報をご紹介しています。
にほんブログ村観賞魚ブログへ 人気ブログランキングへ
↑応援クリックしていただけると、各ランキングサイトでこのブログが評価されます。
応援していただけると、店長が喜びます!(≧∇≦)b
それだけなのですが、できましたらよろしくお願いします(^^)
ネオンテトラ 常時 10匹 250円  オトシンクルス 常時 5匹 900円 ミナミヌマエビ 常時10匹 200円 その他はご来店にて、お楽しみください。

メダカ・金魚をお求めの方が多くなるシーズンになりました!
最近、日によっては「暑っち~!」ですもんね。(>▽<;; 夏カ!?
スイスイ泳ぐ魚のサマは、清涼感ばっちりです。
熱帯魚でも、ベタが人気上昇中。
また近々追入荷予定です。

店のミユキダルマ~半ダルマが卵持ってました。

ミユキダルマ
ミユキダルマ卵

ダルマメダカは胴が短く、交尾も抱卵も不得手な体になっています。
メスのダルマにオスの半ダルマを掛ける事が上策とされる理由です。

メダカの交尾は、以下の手順を踏みます。
オスが背ビレ腹ビレでメスを包み込み、産卵を促します。
メスが卵を体外に出してぶら下げ、オスが精子を放出し受精させます。

その間寄り添うようにオスがメスをヒレでずっと掴み続けているのですが、ダルマメダカはその特殊な体型からココが苦手です。
産卵を促すまでできても、受精までポジションを維持できなかったり。
ダルマ同士だとヒレで掴むのが難しくなるため、交尾自体がうまくいかない確率が上がっちゃいます。

「ダルマメダカだけ」がうまく繁殖できないと、ご相談受けることがあります。
先の理由もありますけれど、ダルマだからと特別に飼育して、その環境が繁殖に向いていない件も多いように思います。
よくあるのが、大事に育てようと「ダルマメダカだけ」小型水槽で外掛けフィルターでの飼育。(^▽^;)気持チハ分カルノデスガ
水の流れが強ければ、精子の拡散が早く受精がうまくいきません。
上手にできている環境があるのでしたら、同様にしてあげればうまくいくのではないでしょうか。

白めだか・楊貴妃・ミユキなどの改良メダカは温帯メダカで、飼育管理上特に変わりはありません。
本来、交尾も上手です。
温帯メダカのオスのヒレにはメスを掴むためのヒレにポッチがあり、グリップ力があります。(*`д´)bニ逃ガサン!
熱帯メダカのオスのヒレにはポッチが少なく、メスに逃げられやすいそうです。
温帯メダカにくらべ、交尾のチャンスが多いのでしょう。('▽'*)次ガアルサ~♪

「うまくいかない」には簡単な理由があることが多いように思います。
飼育魚に関しては、なんでもご相談ください。(^^)
ブログに書けることは残念ながらほんの一部で、ダイジェスト版です。
店での口答でしたら、この記事のことくらい数十秒もあれば済むんですよね・・・。( T.T)ウルウル

在庫限り特価
ミユキダルマ 900円
ミユキ半ダルマ 700円 です。
関連記事

【2015/06/01 18:36】 | 魚のご紹介
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック