福岡県の桂川町にある熱帯魚店「フィッシュギャラリー」の入荷情報及び、ブリード情報をご紹介しています。
にほんブログ村観賞魚ブログへ 人気ブログランキングへ
↑応援クリックしていただけると、各ランキングサイトでこのブログが評価されます。
応援していただけると、店長が喜びます!(≧∇≦)b
それだけなのですが、できましたらよろしくお願いします(^^)
ネオンテトラ 常時 10匹 250円  オトシンクルス 常時 5匹 900円 ミナミヌマエビ 常時10匹 200円 その他はご来店にて、お楽しみください。

温和で混泳向きのブラックファントムテトラ。
シックな装いで、タンクメイトにお勧めです。

ブラックファントム

入荷時は透明感があって色が薄く、いまひとつな感じ。
飼い込むと「美しい黒」を魅せてくれます。
その頃には「シックな装い」と表現した気持ちがご理解いただけるかと思います。(^^)

店長も、アクアリウムが趣味だったころ飼育していました。
確か「温和で丈夫な魚」「流線型の魚ばかりの水槽で、違う体型のアクセントになる魚」としてタンクメイトに加えたのですが、当時お気に入りのチョコグラ(現在も変わらず好きですが(^^))と同じくらい良く見ていて愉しませてくれた魚のひとつです。
成熟したオスがフィンスプレッディングする姿は素晴しいものでした。∑d(≧▽≦*)ウツクシイ!

できましたら、流れが緩い水槽環境で飼育してあげてください。
魚の体は流線型・縦に平べったい型・横に平べったい型などありますが、それぞれ環境に適応した姿であり、意味があります。
ヒレの有様、目や口の付き方なども参考にすると、成育環境がある程度予想可能なほど体型は環境と密接です。
ブラックファントムなどの縦に平べったく体高ある魚は、基本流れの緩い環境を好みます。
小型水槽で外掛けフィルターの流れの強い水槽では、ブラックファントムにとってはちょっぴり可哀想かもしれません。

「最近30cmくらいの小型水槽が主流になってきた」とメーカーさんからお話伺います。
時代の流れですね~。
水流が強くなりがちですので特に小型水槽の場合は、水の流れにもご留意ください。(^^)
個人的には、淡水熱帯魚は60cm水槽がレギュラーサイズだと思いますし、お勧めしています。
60cm水槽であれば上部でも外掛けでも外部フィルターでも適合規格のろ過器でしたら、水流に関しても気遣いはほとんどいらないと思います。

小さな水槽での生体維持には、器具の性能よりもきちんとした腕前が要求されます。
水量やろ過能力を確保するため、つまり魚を死なせ難くするためには、大きめ水槽の方が圧倒的に有利です。
水量が多いほど、水質が安定し混泳も易しくなり安全マージンが増えるようなものだと思います。
小型水槽では微妙な手違いでも生死に直結しやすいので、よくお魚を見てあげておかしいなと思ったらすぐに手入れをしてあげましょう。

ブラックファントムテトラ
1匹150円 10匹1300円 です。
ブラックファントム過去記事へ
関連記事

【2015/05/29 17:33】 | 魚のご紹介
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック