福岡県の桂川町にある熱帯魚店「フィッシュギャラリー」の入荷情報及び、ブリード情報をご紹介しています。
にほんブログ村観賞魚ブログへ 人気ブログランキングへ
↑クリックしていただけると、各ランキングサイトでこのブログが評価されます。できましたら、1クリックずつ応援お願いいたしま~す!
ネオンテトラ 常時 10匹 250円  オトシンクルス 常時 5匹 900円 ミナミヌマエビ 常時10匹 200円 その他はご来店にて、お楽しみください。

アカヒレ、コッピーなどと呼ばれるコイ科の温帯魚です。
アカヒレ

こちらはゴールデンアカヒレ。
g赤ヒレ
アカヒレの色違いバージョンです。

コップでも飼える魚として「コッピー」と、初心者入門魚としてキャッチーなレッテルを張られています。
実際無理の利く魚で、丈夫と言えますね。

飼育していると色が濃くなり、メタリックな輝きを持つようになります。
ヒレのエッジの白色が際立ち、フィンスプレッドという同種同士で行うヒレを張って互いに競う姿は見事なものですよ~。
入門種と言っても侮れない美しさです!(≧∇≦)b
テーブルの上の小さなアクアリウムには、持って来いのお魚です。
花屋さんでは、花を活けたガラスの花瓶に入れたりしているそうですね。(  ̄o ̄)ホ~

メダカに比べ、長寿なのも良い点でしょう。(^^)
メダカは長くても3年ですが、アカヒレは7年飼っていらした方がいらっしゃいます。
メダカ・アカヒレ、どちらも似たようなイメージですけれど、そこはやはりコイ科であるアカヒレに軍配があがります。
反面繁殖となると、採卵しやすいメダカの方が圧倒的に容易いです。
でもに上手に繁殖できる方にとっては、アカヒレの方がすごい勢いで増えたりするんですよ。
卵の数が段違いです。

無理が利く魚だけに不遇な環境に置かれる事が多いアカヒレですが、もちろん熱帯魚同様の飼育をしてあげる事がより良い飼育なのは間違いないです。
水質も大事ではありますが、せめて1日の温度差があまりない環境で飼育してあげましょう。
丈夫とは言え、変温動物です。
短期間での温度変化の繰り返しは、かなりの負担になります。

ですのでヒーターの入っている小型熱帯魚との混泳は、おすすめの飼育方法です。
性質もグッピーなどとの混泳に向いています。

アカヒレ 100円 10匹900円
ゴールデンアカヒレ 120円 10匹1000です。

関連記事

【2014/04/16 12:58】 | 魚のご紹介
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック