福岡県の桂川町にある熱帯魚店「フィッシュギャラリー」の入荷情報及び、ブリード情報をご紹介しています。
にほんブログ村観賞魚ブログへ 人気ブログランキングへ
↑クリックしていただけると、各ランキングサイトでこのブログが評価されます。できましたら、1クリックずつ応援お願いいたしま~す!
ネオンテトラ 常時 10匹 250円  オトシンクルス 常時 5匹 900円 ミナミヌマエビ 常時10匹 200円 その他はご来店にて、お楽しみください。

店では、基本的に大型魚のメンテナンスはお断りしています。
アドバイスは致しますが、自己責任でどうぞというスタンスです。

ですが、「譲ってもらったアロワナの目が白くなったのですが」と、しかも熱帯魚飼育経験がないとのご相談がありました。
お電話ではわかりずらく、お伺いしました。

50cm程の赤がで~んと1200×600×600水槽に、背中出して浮いていました。(^▽^;)ヤバイ
すでに渇き気味の鱗にダメージが見えます。
話を伺えば、この状態で2週間ほど。
事務所に置いてあるのですが、皆さんご心配そうでした。
「縁起物だから」と譲り受けた個体ですから、なおさらです。
ちなみに、このときの水のpHは6.5。
ここだけ見ればちょうど良い値なのですが、pHは水質の一側面でしかありません。
他の要素が絡んでいました。

「治るという保障はありませんよ」と前置きして、水を換え、浄水器などをご用意させていただきました。
ご信頼をいただきましたので、メンテ作業です。

翌日には水面下で泳ぎ、餌を食べるようになりました。
眼球の白濁も薄まっています。
本日スジエビなどを与え、食べているのを事務所のみなさん嬉しそうにご覧になっていらしたのでホッとしました。
大きな個体でしたので、体力があったのが幸いでした。
画像撮っておけば、良かった・・・。(^-^;)

お譲りなさった方が、小さな個体から育て上げたアジアです。
その方にとっては「ここまで元気に育ったのに、なんで弱るんだ?」という気持ちも沸くでしょう。
それでも水ひとつで、このようになることがあるのが、生き物の難しいところです。

水質を含め「育て方」が、大きな問題の原因になりやすい大型魚です。
水質だけでしたら改善できるのですが、「育て方」はその場のメンテでは改善できないことも多く、大型魚のメンテはお断りする場合がほとんどです。
店長としても本音を言えばなんとかしたいのは、山々なのですけれど。(;^_^A

常日頃から良いことをしてあげることが、肝要です。
まずはどうぞ、ご相談ください。(^^)
これこれこういう理由でこうお勧めしますと、ご説明します。
理屈と経験上、魚も人間も快適にいくであろうということをご提案しています。
ご納得いかなければ、ご自身が納得のいく方法で飼育なさってください。
趣味の熱帯魚、決まりきった飼育方法しかないなんてことはありません!(>▽<)b
ですが失敗しにくいやり方、残念な結果になりやすいやり方ってのはあります。
関連記事

【2014/03/28 18:51】 | 店長さんの雑記帳
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック