福岡県の桂川町にある熱帯魚店「フィッシュギャラリー」の入荷情報及び、ブリード情報をご紹介しています。
にほんブログ村観賞魚ブログへ 人気ブログランキングへ
↑クリックしていただけると、各ランキングサイトでこのブログが評価されます。できましたら、1クリックずつ応援お願いいたしま~す!
ネオンテトラ 常時 10匹 250円  オトシンクルス 常時 5匹 900円 ミナミヌマエビ 常時10匹 200円 その他はご来店にて、お楽しみください。

寒い日でしたね!
英彦山など、山は雪を被って白くなっていましたよ。
今晩は、雪と落雷と風に注意だそうです。
明日の朝も、寒そうです。

こんなに急に気温が変わる日には、店長は魚に特に注目します。
水温変化が大きくなるからです。
店は入り口、即、グッピーなど小型魚水槽となっています。
扉開けたら風がもろに水槽に当たり、閉めていても冷え込みます。

店入り口から
↑店の入り口の外から撮影。(;^_^A サカナガミエマセンネ

ふつう、そんな配置は熱帯魚屋なら避けるものです。
入り口付近は、大型魚や金魚、エビ、水草水槽を配置するくらいでしょう。(^^)ジッサイ,ソレガタダシイデス
実は、別の方がやっていた熱帯魚店を買い取って始めたので、やむなくというのが本音です。
無理を通すために、勉強しました。
それもいい経験でしたね。

一人だけ、営業の方が店に来たときに、そのことにびっくりしていました。
入り口正面1mほど先から、プラティなど小型魚水槽が当たり前のようにで~んと!
「ここにグッピー入れて、白点出ないんですか?」
「病気出すくらいなら、置かないよ」と、ちょっぴり箔をつけて適当なこと言った気がします。
その営業の方は、実際に生体を大量管理することを経験していた方でした。

ちゃんと種も仕掛けもあって、温度変化に対して対策を講じています。
普段、お客さんに説明していることです。
砂利を十分に敷いて、しっかり餌をあげ、水質管理するだけです。
お客さんと同じことしかできないのであれば専門店としては情けないかもしれないので、底砂を薄くしたりもしていますよ。(^^)

気温の変化は毎年というより毎日のことですので、今では格別のことでもありません。
でも、しっかり生体の観察はして確認します。
ご自宅でもヒーターがあるから大丈夫と気を抜かず、こんな変化の大きな日には「元気?ヾ(^^ )」とお魚に注意をむけてあげてください。(^^)
関連記事

【2013/11/28 19:49】 | 店長さんの雑記帳
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック