福岡県の桂川町にある熱帯魚店「フィッシュギャラリー」の入荷情報及び、ブリード情報をご紹介しています。
にほんブログ村観賞魚ブログへ 人気ブログランキングへ
↑クリックしていただけると、各ランキングサイトでこのブログが評価されます。できましたら、1クリックずつ応援お願いいたしま~す!
ネオンテトラ 常時 10匹 250円  オトシンクルス 常時 5匹 900円 ミナミヌマエビ 常時10匹 200円 その他はご来店にて、お楽しみください。

魚を上手に飼うことは、なんと例えたら一番いいかなと今でも時々考えています。o(´^`)o ウー
いまのところ、「料理」がそれっぽいかなと思いますがどうでしょう?

お客様からのご相談でご返答に悩むのが、「魚が死なない方法を教えて」というものです。
字面にすると、「んな、無茶な!」と思われるかもしれませんが、よくあるご相談です。
そうおっしゃるお気持ちは十分に分かりますし、例えで分かりやすいことはないかなと。
で、料理です。
考えあぐねているわりに自分自身が大して料理しないので、あてにならない気もしますけれど。( ̄へ ̄|||)

「おいしい=良い」で、おいしい料理が良い飼育。
やれば誰にでもできることですが、ある程度の経験と道具とレシピが必要です。
突き詰めた料理人さんにとっては道具や素材が限られていても、知識と経験によっておいしい料理をつくることができるでしょう。
素材の旬を見極め、決まりきったレシピどおりに作ることの方がまれなのではないでしょうか。

「魚が死なない方法を教えて」というご相談を料理として例えると、「おいしい料理の作り方を教えて」というようなもので、例えとしてなんとなく的確な気がします。
「メダカの飼い方を教えて」であれば、「卵料理を教えて」と大きな分類です。
「グッピー(メダカの1種)の飼い方を教えて」であれば「卵焼きの作り方を教えて」でより細かい分類です。

これでいくと、「おいしい卵焼きの作り方を教えて」が、「グッピーの飼い方あるいは死なない方法を教えて」といったところです。

「おいしい卵焼き」の作り方、伝えることが可能でしょうか?
レシピがあれば、全く同じ卵焼きになるのでしょうか。
グッピー

「おいしい卵焼き」(グッピーの飼い方あるいは死なない方法)となると、考慮するべき点がいくつも必要だと思います。
火加減から調味料から(水槽サイズや床材・ろ過?)、ふわっと半熟にしたものか固焼きにしたものか(国産か外産?)、ダシ巻きか(アルビノなどの特殊もの?)、甘さ加減は(それまで育った水の質)、そもそも原材料の質(ご自宅の水はどんな水なのか)くらいは、考慮するべきでしょう。
その上に、調理のタイミングや下ごしらえ・味付け加減(普段の水換えなどのお手入れ加減)が問題となるでしょう。
しかも、「おいしい」は人によって好みが違う(生き物ですので同じグッピーでも抵抗力・適応力など個体差がある)となります。

「グッピーの飼い方あるいは死なない方法」と訊ねられた場合、最低限これくらいは頭をよぎります。
問診をするように会話しながら問題点を探り、改善の道をご提案します。
しかし申し訳ありませんが、そこまでやっても「グッピーが死なない方法」でなく、「死ににくい方法」です。
卵焼きがおいしくなるであろうレシピではありますが、結局は料理人次第。
本音を言えば、生き物が絶対死なない方法があったら、店長こそ教えて頂きたい!(*≧ω≦)

ここでこちらが悩ましいのは、ご相談相手は普段料理する方なのか(どこまで経験をお持ちの方なのか)、わからないことが多いことです。
よくお話しする常連さんであれば、自炊なさる方なのかプロ級の腕前を持つ方なのか判断つくのですが。
そのため、より詳しいアドバイスが可能です。

これがメールでの端的なお問い合わせだと、途方にくれます。
生体のご注文であれば簡単ですが、「どうすればいいの?」というご相談の場合です。
判断材料が全くと言っていいほどないので、たいてい「店に来てください」か「お電話ください」で結びます。
そこはお店ですので、やはりご来店のお客様を第一にさせていただいてます。

それにきちんとしたお返事するには、会話・問答が必要です。
脊椎反射みたいな適当なお返事なら、しない方がマシだと思っています。
「おいしい卵焼き」をつくるためのアドバイスに、砂糖入れたら甘くなるよ~みたいなご返答は誰も期待していないのでは?
逆に、弊害がでます。

・・・意固地なこと言っているでしょう・・・わかってはいます。
師匠にも事あるごとに言われていましたし。
へんに偏屈で頑固なところがいかん!と。
でも、師匠の方が偏屈で頑固です!!(≧▽≦)vハッハッハ
ハッ!?(;´゚д゚)ゞ・゚・ぁゎゎ・・
スタッフにまで引き継がれなければよいなと、切に願う点です。(;^_^A

大手さんが幅を利かす中、個人店舗くらい、面白みがないと寂しいですよね。
けっこう好きにやってます。(^^)
突き詰めたいと普段から思っているがゆえに、「飼育に関してのいい加減な説明」に強く抵抗を感じます。
「じゃあ、どんなこと言っているの?」となれば、カテゴリ内の「熱帯魚飼育あれこれ」を覗いていただけると嬉しいです。(^^)
プロショップから、趣味人の方への「あれこれ」を綴っています。
でも、知らずに浅い意見を言っていることもあるかもしれませんよ。
Σ(゚口゚;モンダイハツゲンデハ!?
経験は豊富だと思いますが、自分が知っていることが全部とは思いません。
虚構はございませんので、ご参考にどうぞ。

和食・中華・イタリアン・フレンチ・お菓子にetc.etc. 色んな料理があります。
同様に色んな飼育の仕方もあります。
「極める」となると、どんなことでも難しいと思います。
しかし、失敗することがあっても経験をつめば、誰にでも「美味しい料理」は作れるものだと思います。
どうせならば美味しい料理・良い飼育、といきたいですね。

ご相談をなさるとその返答は、各店舗で違いもあるでしょう。
けれど、困難なこと・特殊なことを要求されるわけではないと思います。
あれ?と思われることは、ご相談ください。
大概のことは、先に店長が失敗してます。(^^)
関連記事

【2013/11/11 15:14】 | 店長さんの雑記帳
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック