福岡県の桂川町にある熱帯魚店「フィッシュギャラリー」の入荷情報及び、ブリード情報をご紹介しています。
にほんブログ村観賞魚ブログへ 人気ブログランキングへ
↑クリックしていただけると、各ランキングサイトでこのブログが評価されます。できましたら、1クリックずつ応援お願いいたしま~す!
ネオンテトラ 常時 10匹 250円  カージナルテトラ 常時 10匹 980円 ミナミヌマエビ 常時10匹 200円 その他はご来店にて、お楽しみください。

問屋さんのリストで「淡水バンブルビーゴビー」「汽水バンブルビーゴビー」とあったので、おー淡水とわかっていれば楽だなぁと思いました。
インドネシアンバンブルビー
あれ?
なんでマーブル柄?
黄色と黒のバンドは?
届いたのは、フレッシュウォーターバンブルビーゴビーってやつです。
あ~、なるほど。( ̄_ ̄ i)
タイトルではピーシーズさんの2700種図鑑にしたがって、インドネシアン・バンブルビーゴビーとしています。
ちょっと考えればわかりそうなものですが、うっかり予想と違うものを発注してしまいました! d(≧▽≦*)イェー!
↓こっちの魚のつもりでした。(;^_^A
バンブルビーゴビー

そう言えばバンブルビーゴビーに関しては、産地もちょっと混乱ぎみなのでした。
一般的なバンブルビーゴビー(黒黄のバンド)は、業界で汽水魚扱い。
淡水バンブルビーゴビー(マーブル柄)は、純淡水扱い。
そして、産地もかぶっています。
ちゃんと学名も異なる別種なのですけれど、「インドネシアン・バンブルビーゴビー」の名で、バンド・マーブル柄の両方流通してたりします。

東南アジアのファームとやりとりしているうちに気づいたのですが、あちらのファーム間でも互いに魚を流通してます。
インドネシアとマレーシアとシンガポール間は、たぶん結構密に。
輸入する側としては、混乱しやすくなっている部分があるのかもしれませんね。(゚ペ)ドウダロウ?

さて、今回のバンブルビーゴビーは純淡水OK、2cm弱くらいの大きさです。
バンドのバンブルビーゴビーにくらべ、ちょっと小さめで、遊泳力があります。
混泳できる魚ですが、小型魚でも食べられるくらい大きな口を持っているような魚との混泳はおすすめしません。
ネオンやアベニーパファーなどは、よい組み合わせだと思います。
粉餌も食べますが、体は小さくてもタンパク質の餌を好みますので、餌は冷凍のアカムシがおすすめです。

底ものですので、特にしっかり餌が回るように給餌してあげることが、水槽内の平和への第一歩です。(^^)
「腹が減っては戦はできぬ」と言いますが、水槽内では「腹が減ったら喧嘩する」と思っていたほうが無難です。

1匹 150円 10匹 1200円です。
関連記事

【2013/09/28 15:40】 | 魚のご紹介
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック