福岡県の桂川町にある熱帯魚店「フィッシュギャラリー」の入荷情報及び、ブリード情報をご紹介しています。
にほんブログ村観賞魚ブログへ 人気ブログランキングへ
↑クリックしていただけると、各ランキングサイトでこのブログが評価されます。できましたら、1クリックずつ応援お願いいたしま~す!
ネオンテトラ 常時 10匹 250円  カージナルテトラ 常時 10匹 980円 ミナミヌマエビ 常時10匹 200円 その他はご来店にて、お楽しみください。

モス活着1
石もあることですし、活着ものをボチボチご用意しています。
お手軽に水景を整えられるので、便利です。
ポンと水槽にいれるだけ。
活着する水草は一般に丈夫ですし、手間があまりかからないのもありがたいところです。
モス活着2
画像は、ウィローモスを木化石に巻きつけたものです。
これから、わさっとモスが茂って見栄えがよくなっていきます。(^∇^)ハヤクナッテネ
モスを伸び放題にして、本物の木を模したり。(^^)イシハ,キノカセキダシ
ちょこちょこトリミングしてあげて、苔むす岩を模したり。
モスは散髪するようにカットしてあげることで、ボリュームが増して見栄えが良くなります。

この作業は特に難しいことではありませんので、ご自身でもできますよ。
コツと言えば、
最初はモスを厚く巻かないこと。
しっかり葉を石にくっつけること。
でしょうか。

石に触れている葉が、石にくっつきます。
分厚く巻いていると、石に触れている葉に光が届かず生長できません。
結果として、くっついて欲しい葉の部分が生長できないどころか、枯れてしまうことがあります。
石の地肌が透けるくらいにしておきましょう。

また、水の中では葉が浮いて石から離れやすいものです。
石に触れていないと伸びるばかりで、くっつくことがありません。
しっかり石に葉を押さえつけるように、糸を巻きましょう。

石にモスがしっかりくっつくまで、1~2ヶ月ほどです。
できれば、木綿糸でなく釣り糸で巻くことをお勧めします。
木綿糸だと、バクテリアが分解して切れてしまうことがあります。
活着してないモスが浮いちゃうと、ハイ、もう一度。
また、始めからやり直しです。Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン
いい水を作ってらっしゃる方ほど、糸は切れやすいかもです。

大小ご用意していきますが、お値段は500~1500円くらいです。
規格品のように、ふたつと同じものはご用意できません。
コレだ!というものを、お選びください。(^^)
関連記事

【2013/09/10 15:56】 | 店長さんの雑記帳
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック