福岡県の桂川町にある熱帯魚店「フィッシュギャラリー」の入荷情報及び、ブリード情報をご紹介しています。
にほんブログ村観賞魚ブログへ 人気ブログランキングへ
↑応援クリックしていただけると、各ランキングサイトでこのブログが評価されます。
応援していただけると、店長が喜びます!(≧∇≦)b
それだけなのですが、できましたらよろしくお願いします(^^)
ネオンテトラ 常時 10匹 250円  オトシンクルス 常時 5匹 900円 ミナミヌマエビ 常時10匹 200円 その他はご来店にて、お楽しみください。

水温が高いので、氷を水槽に浮かべて冷やす。
これは良手なのでしょうか、悪手なのでしょうか。「(ーヘー;)

個人的には、悪手の側面が大きいと考えています。( ̄ω ̄;)タブン
水槽全体として考えれば、温度が一時的にでも下がってよいことのように思えます。
ですが実際に水槽内で起きていることは、次のようになります。

氷を浮かせると、氷が溶けた0度近くの冷水が生じます。
冷たい水は重いので、底まで沈みます。
底砂を敷いている場合、その中まで侵入し、停滞します。

底に溜まった冷たい水は、水槽内では循環することが困難です。
お風呂の例のように、熱い水は上層に位置します。
空気と接して冷えることで下降し、対流が生まれます。
しかし格段に冷えた水が底にある場合は、その部分で対流が生じにくいため長期に循環が滞ります。
底砂の中は、バクテリアの住処です。
そこに冷たい新水が塊として滞るのですから、その後の水質変化はそれなりです。

また本来底砂のなかで分解中の窒素化合物などが、冷たい水に押し上げられて、底砂の上にまで高濃度なヤバイもの(?)が滲みでることもあるでしょう。
その際、床生活のエビやコリドラスなどへの被爆も考えられます。
「一時的に冷却」と思っていても、結果はそれだけでは済まないかもしれません。

氷で冷やすのであれば、せめて凍ったペットボトルを浮かせるくらいにした方が良いでしょう。
その場合は溶けた直後の0度近くの水ではなく、ある程度だけ温度が下がった水が対流しますので刺激が緩和されます。
それに溶け出すことがなく、凍った水の質が関係なくて良い点です。

それでもやはり、急に冷え、また温度が上昇するという変化が生じます。
温度変化によって、pHも溶存酸素も変化します。
変化が苦手な魚には逆に辛いことになることがあるかもしれません。
ましてや、小さなバクテリアにとっては、それなりに影響がでます。

歯切れが悪くて申し訳ないのですが、氷で温度を下げるのは一概に悪いとも言えないですね。
生体の限界付近の高温度であれば、一時的にでも温度が下がることで生体にとってプラスに作用します。
また、底砂の中の水にしても新水が浸透することで呼吸すると言ってはなんですが、後の活性化に繋がります。
冷たい雪解け水が流れてくる場所が、豊かな大地となることに通じるところです。

必ずしも一時的に温度を下げることが、良いことばかりではありません。
「氷入れてやったのに死んだ」は、それなりの理由があってなのかもしれません。
もちろん、ベアタンクであったり底面ろ過であったりの環境しだいで影響力は異なりますけれど、総合的に考えて、お魚が元気であれば余分なことはしない方が吉とでると考えています。(^^)

追記:
ここしばらく気温が安定しています。
一日の最低気温と最高気温の差が、4度程度です。(^^)ナイス
店のあるところは盆地の中ですし、気温の高低さが比較的大きな地域です。
どうかしたら15度以上の気温差になる日もあります。
気温差が激しいところでは、普通以上に水槽の温度管理に気を配りたいものです。

生き物全般に言えることかもしれませんが、特に魚は急激な変化を苦手とします。
水量の多い・大地と接している池などでは変化が緩やかで大丈夫でも、極わずかな水量・まして空気との接地面積の多い環境の水槽では、気温の影響がより強烈になります。

魚のためを思うなら、ヒーターで温度を上げ、クーラーで温度を下げて水温を挟み込み、一定の温度にしてあげるのがベストでしょう。
でも、店でもそんなことやっていません。(;^_^A
せめて緩やかな変化になるよう、気を配っているだけです。
魚も変化に対応して頑張っていますので、人間側からも様子を見ながら手助けしてあげましょう。(^^)

【2014/08/09 18:12】 | 熱帯魚飼育 あれこれ
トラックバック(0) |
にほんブログ村観賞魚ブログへ 人気ブログランキングへ
↑クリックしていただけると、各ランキングサイトでこのブログが評価されます。できましたら、1クリックずつ応援お願いいたしま~す!
ネオンテトラ 常時 10匹 250円  オトシンクルス 常時 5匹 900円 ミナミヌマエビ 常時10匹 200円 その他はご来店にて、お楽しみください。

プロホースを使う上での注意点。
続きの続き、です。

c.砂利が詰まる

パイプを斜めに底砂に差し入れることを、心がけてください。
ついパイプは、まっすぐ立ててしまいがちです。

パイプ内で砂が栓のように固まったまま、上がってきたことがありませんか?
垂直にパイプを差し込むと、パイプの中で砂が詰まりやすくなってしまいます。
斜めに差し込むだけで、詰まることがほとんどありません。
コロコロと砂がばらけて転がりやすく、砂が固まって詰まるということが起こりにくくなります。
詰まると再始動が面倒なだけでなく、汚れを撒き散らしてしまいます。

なにげにパッケージなどの写真では、斜めに差し込んでありますね~。(・_ ・)オヤ
ちゃんと説明はなされている・・・のかな?
文章化されていないので、わかりにくいところです。

また、掃除中はチューブに手を添えて、いつでも折り曲げれるようにしていると、流量調整がしやすいです。
折り曲げる加減で、排水流量の強弱をつけることができます。
細かな調整ができますよ。
流量調節クリップが付属してありますので、それを使うのも良いと思います。

底砂は比重の重いものの方が、プロホースを使いやすいです。
大磯砂やガーネットサンドなどですね。
ですがプロホースはむしろ、比較的比重の軽いソイルの場合の方が活躍する道具です。
軽い土粒を巻き上げて詰まらないよう、流量調節しながら排水します。

ソイルは、使用限界がきたら全交換が推奨される底砂です。
使用限界があるのは、主に粒が崩れていくためといってよいでしょう。
崩れた粉が粒の間に溜まり、水の動きが滞るために不具合が生じます。
(これにより良いことも発生しているのですが、一般的なお手入れと違ったことをしなければならなくなります。わかりにくくなりますので、またの機会に。)
普段からプロホースを使い、通水性を維持することでソイルの寿命を延ばすことができます。

店のお客さんからはあまり言われたことがありませんが、都会の方ではソイルを捨てる場所に困ると聞きます。
粉を吸いだすぶん、ソイルが薄くなっていきます。
その分新たにソイルを足していくということでも、ソイル底床維持はできます。
面倒だとこの間リセットしてしまいましたが、店では8年それで維持していた水槽がありました。

ソイルは、粘土鉱物や腐植土、商品によっては活性炭などで構成されます。
ソイルには緩衝作用があって、使いやすくもあり使いにくくもあります。
なんというか「遊び」の部分が大きく、ダイレクトに水質差の生じる砂利よりもわかりにくいです。
「遊び」でゆるいぶん、お手入れしなくてもなんとかなったりもしますけれど、お手入れなしでは崩壊するときはいつかくると考えておくべきです。
普段からプロホースでのお手入れを、おすすめします。
お手入れしない方は早めにソイルを全交換、が無難だと思います。

プロホース使用の際の、基本的なことはこんなところでしょうか?

他にも色々ありますけれど、これまで述べた基本の変化変容であったり、さらに先の事だったりです。
田砂のような細かな砂の場合、稚エビがいる場合、水草水槽の場合、新規設置の場合、底砂の厚み具合などなど、それぞれに応じた使い方があります。
一般的で基本的なことだけがすべてではありませんので、ご自宅の水槽に合った加減をお見つけください。
あるいは、ご相談ください。(>▽<)b マダマダ,アリマス!

「水換え」というのは、水槽維持の最重要事項のひとつだと言ってよいと思います。
当然、その水の抜き方、足す水の質ということが、大きなポイントになります。
より良く、より理解を深めて、楽しくアクアライフといきたいですね!(^^)
なにかしらご参考になりましたら、嬉しいです。
前回のプロホース③へ

【2013/11/07 15:11】 | 熱帯魚飼育 あれこれ
トラックバック(0) |
にほんブログ村観賞魚ブログへ 人気ブログランキングへ
↑クリックしていただけると、各ランキングサイトでこのブログが評価されます。できましたら、1クリックずつ応援お願いいたしま~す!
ネオンテトラ 常時 10匹 250円  オトシンクルス 常時 5匹 900円 ミナミヌマエビ 常時10匹 200円 その他はご来店にて、お楽しみください。

プロホースを使う上での注意点。
続きです。

b.汚れを撒き散らしてしまう。
この点については、スタート時、掃除中、掃除後に気をつけます。

スタート時。
床から離れた位置で、スタートしましょう。

床の直上でやってしまうと、床のごみが舞ってしまうことがあります。
2重弁で水が戻らないようにはなっていますが、特に振ってると水が動いて床が荒れます。
排水が始まってから、砂利の中にパイプを差し込みます。

掃除中。
特に、砂利を落とすときに注意します。

砂利の中にパイプを差し込み、汚れが見えなくなるまでその場で排水を続けます。
きれいになったら、チューブを指で折り曲げます。チューブを摘むと、指が疲れます。(´Д`)
チューブを折り曲げると排水が止まりますので、パイプ内で舞っていた砂利が沈みます。
沈んだところで、パイプをそっと抜きます。
折っていたチューブを放せば、そのまま排水が再開されます。
次のポイントで、お掃除を継続します。
排水を続けたまま砂利を落とすと、汚れが舞いやすいためこのようにします。

掃除後。
パイプを抜くときにも、注意します。

パイプ内の水を、水槽に落とさないようにしましょう。
パイプを水から抜くときにくりっと上向きにして、パイプ内の水を排水してしまいます。
ついそのままパイプを水から抜いてしまいがちですが、パイプ内の排水中の水が汚れとともに水槽に戻ってしまいます。
弁のところに、汚れが溜まっている場合は汚れが舞ってしまいます。

汚れを散らしてしまうというのは、プロホースを使う意味が半減しますので極力避けましょう。
プロホースの優れた点として、悪さをする細菌や汚れなどを魚の生活圏をすっとばして排出できるということがあります。

例えばプロホースを使用せず、砂利をかき回して汚れを舞わせ、降り沈んだ汚れを吸い出したら?
プロホースでの水換えと、同じ効果が得られるのでしょうか。

汚れの中には、雑菌・病原菌・バクテリアともに居ます。
共存関係と言ってもよいのかもしれません。
普段は互いに密に接し、食って食われての関係でバランスが取れているものです。
それがかき回して舞ったことによって、一旦安定関係が失われてしまいます。
その場合一時的に、雑菌の方が先に勢力を広げることが多いようです。
雑菌が降り積もり、床上にむき出しになっているような状態になります。

特に床に腹をつけて眠るようなグッピーなどは、雑菌の上で眠り、底もののコリドラスなどは活動の場が雑菌だらけ、おまけに動くたびにまき散らしているようなものです。
降り積もった汚れを吸い出したところで、目に見えないサイズの細菌をきっちりすべて排出とはいきません。
プロホースを使った時と同じようにとは、思えませんよね。(^^)

せっかくの優れた道具です。
上手に使いましょう!

次の「あれこれ」で「c.砂利が詰まる」の注意です。
前回のプロホース②へ

【2013/11/06 15:30】 | 熱帯魚飼育 あれこれ
トラックバック(0) |
にほんブログ村観賞魚ブログへ 人気ブログランキングへ
↑クリックしていただけると、各ランキングサイトでこのブログが評価されます。できましたら、1クリックずつ応援お願いいたしま~す!
ネオンテトラ 常時 10匹 250円  オトシンクルス 常時 5匹 900円 ミナミヌマエビ 常時10匹 200円 その他はご来店にて、お楽しみください。

前回のプロホース①を念頭において。
いざ、水槽の前にバケツとプロホースを持ってきて、お掃除開始です!
魚は取り出さずそのまま、水槽を持ち上げることもありません。

まずは、しっかりとチューブクリップで、チューブをバケツに固定しましょう。
排水チューブがバケツから出てると、とても悲しい思いをしてしまいます。<(T◇T)> モォォ!

排水バケツを運ぶのも面倒という方は、水道のホースを排水チューブに繋ぎましょう。
排水チューブの先端がぴたりと合う水道ホースがあります。
水道ホースの先端を、外なり排水溝なりに持っていけば、捨て水を運ぶ手間がいりません。
ただし、排水は低い位置へ、でないと上手くいきません。
プロホース1

実際にプロホースを使うにあたって、注意点をいくつか。

a.排水のスタートがうまくいかない。
b.汚れを撒き散らしてしまう。
c.砂利が詰まる
の3点が、注意すべき点のようです。

a.排水のスタートがうまくいかない。
以前は、パイプを前後に振ることで、排水スタートしていました。
ここが年配の方や女性の方が、苦手なところでした。(;^_^A
パイプを前後に振るのでなく、回す方も意外に多かったですね。

現在の製品はスターターポンプが付きましたので、最大の難点が容易になりました。(≧∇≦)b ナイス!
ポンプを繰り返し押すだけで、排水がスタートされます。
もちろん、以前のように振ってスタートもできます。

サイフォンの原理を使っていますので、排水チューブから水が落ち続けるところまで、初動を続けます。
一旦流れ始めたら、あとは放っておいてもずっと水を排出しつづけます。

なかなか初動のサイフォンが上手くいかない原因として、
パイプ内の目詰まり・弁のところに異物が挟まっている・パイプやチューブの接続が緩み、空気がパイプ内に入る・排水チューブの先端が、すでに排水した水の中に没している・水槽の位置が低いため、十分な落差がないなどがあります。

・パイプ内の目詰まり
  各パーツ分解できます。
  外して目詰まりを解消しましょう。

・弁のところに異物が挟まり、弁が閉じきれなくなっている。
  分解して、異物を取り除きます。
  はめ直す時には向きがありますので、気をつけます。

・パイプやチューブの接続が緩み、空気がパイプ内に入る。
  しっかりとはめ直します。
  一旦全部分解して接続し直す、が一番です。

・排水チューブの先端が、すでに排水した水の中に没している。
  排水口が水圧で蓋をされた格好になっています。
  水の上に排水口を出します。

・水槽の位置が低いため、十分な落差がない。
  ちょっと難しいですけれど、床に直接置いた水槽でも排水できます。
  水槽の位置を高くする、排水口を下げる、プロホースマスターとなるまで上達する、が解決策でしょうか。(^_^)
  
などが多かったですね。
初動に手間取るときには、チェックなさってみてください。
一度排水を中断した場合は、しっかりパイプ内の水を抜ききってから再始動しましょう。

プロホースは、そんなに壊れるような道具でもありません。
当店でお買い上げの方にはこれまでどおり、調子の悪い場合はプロホースを持ってご来店ください。
ちょっとしたことで、解決する場合がほとんどです。

長くなりますので、次回の「あれこれ」で「汚れを撒き散らしてしまう。」の注意です。
前回のプロホース①へ

【2013/11/06 15:02】 | 熱帯魚飼育 あれこれ
トラックバック(0) |
にほんブログ村観賞魚ブログへ 人気ブログランキングへ
↑クリックしていただけると、各ランキングサイトでこのブログが評価されます。できましたら、1クリックずつ応援お願いいたしま~す!
ネオンテトラ 常時 10匹 250円  オトシンクルス 常時 5匹 900円 ミナミヌマエビ 常時10匹 200円 その他はご来店にて、お楽しみください。

とても便利なプロホース。
底砂使用の水槽の、ご参考になさってください。
まずは、前置きから。

水槽の中で、どこが一番汚れの溜まりやすいところでしょうか。

濾過槽の中と砂利などの底床の中が、そういう部分です。
飼育水をきれいにしてくれるバクテリアの繁殖場所こそが、汚れが溜まる場所と言えるでしょう。
汚れをエネルギー源として、水を浄化してくれる微生物が生きてゆくことができます。
汚れの溜まる場所が、水質浄化の場所でもあります。

ですので、汚れがたまっているからと、「丸洗いしてしまう」≒「浄化場所を一時的に失う」となります。
そのためろ過機と砂利を同時に手入れしてしまうことが、アクアリウムでは危険行為といわれます。
濾過層を触った時には、床材は触らずに。
床材を掃除したときは、濾過槽は触らずに。
そうすることでどちらか一方の浄化場所を確保し(水質変化を抑え)つつ、汚れを抜き取ります。

そこで出番なのが、店長がとてもとてもお世話になっているプロホースです。
これ考えた人天才じゃなかろうか、とまで思っています!
自分でもある程度突っ込んでいくつか作ってみましたが、本家には遂に使い勝手の良さで及びませんでした。
あのパイプとチューブの径が絶妙です。
プロホース

しかし道具ですので、使い方次第で逆に悪い影響をおよぼすこともあります。
過剰に掃除をしてしまう。
汚れをまき散らしてしましょう。
の2点は、避けましょう。

過剰な掃除は、丸洗いに近いことをしていることになります。
汚れが目に見えて吸い出せるので、ついこっちの所ももあっちの所もとやりすぎちゃうんですよね。
水槽の下面のガラスの上、砂利の底が.一番汚れが溜まる場所です。
がっつり底にパイプを当てて、一番汚れた水を吸い出しましょう。
汚れた水を排出して、きれいな水を足すということが水換えです。
上水のきれいな水を手桶などで掬って排水しても水換えの効果が薄いので、その場合は多くの分量を水換えせねばなりません。
その分、急な変化が苦手である魚へのダメージが心配です。
集中して汚れを取り出せるプロホースを使うと換水量が少なく済み、魚にやさしい水換えができます。

ここでいう「汚れ」ですが、実は目に見えるものだけではありません。
水が悪くなる原因の窒素化合物は比較的重いので、水槽の底の部分で濃度が高くなっている傾向にあります。
これがコケの発生やpHの急激な低下に繋がっていきますので、その予防として「汚れを排出」する役割も同時に担っています。

繰り返しますが、かといってやりすぎ注意。
その汚れが程よくあってこその、水質安定です。
一度に床面全部の掃除でなく、総水量の1/4程度排水したら、そこまで。
その次の週に、続きを掃除していきましょう。
部分部分をじゅんぐりに床材の掃除を続けていくことで、水質の安定を維持していきます、
この点については、砂利を厚く敷くことである程度、やりすぎても大きな問題に発展させないようにできます。

以上を踏まえたうえで。
次の「熱帯魚飼育あれこれ」で、お客さまが苦労なさる点の対処を述べていきます。

ちゃんとした使い方のご説明は、これまで販売時に店頭でしか行っていませんでした。
当店では、店頭のお客さんにだけというご説明が多いかもです。
あるいはどの店でも、かもしれません。σ(^_^;)ゴヒイキニ,シテホシイデスカラ

各店、腕も知識も方向性も異なるはずです。
水質管理については、唯一の方法っていうことがないように思います。
どれだけ掘り下げれるかで、説明が食い違うこともあるかもしれません。
当店に限らずですが、ご納得のいく所がその方にとって良い店でしょう。
できましたら、フィッシュギャラリーをよろしく!(≧∇≦)b イェー!

【2013/11/05 13:10】 | 熱帯魚飼育 あれこれ
トラックバック(0) |